m邸耐震工事

    

基礎の強度不足のため抱合せの基礎で補強してあります。

下地の不足部分下地をいれたところ。

水平剛性の不足部分には、火打金物で補強。

体力面材で壁補強をしたところ。

筋違いを入れて金物で固定したところ。

さらに体力面材で補強したところ。

床も下地から取替え。

  

こんな感じで工事が進んで行きます。

▲PAGE TOP